家について


 人間はとても適応能力が高い生き物で、ある程度の環境の変化にはすぐに適応できるようにできています。 住宅を新築しても、リフォームしても、賃貸住居へ引っ越しても、多少の時間はかかるかも知れませんが、 次第に新しい環境に慣れてくるようできています。

 だから、住まいの良し悪しはよほどの欠陥でもない限り、我慢ならないほどの体感する機会はありません。 また、その家の価値は時間の経過を経なければ、すぐには分からないものなのです。 仕上がりが小奇麗であればとりあえず満足します、後の利点・欠点は住んでみて、長い年月が経たなければ顕在化してきにくいのです。

 昔の家は長年に渡り住み継ぐものと考えられ、後の世代が手を入れやすいように作られていました。 しかし、バブルのころからか、自分たちの世代だけが住めればよい仕様で家を建てるようになり、 30年のローンで30年は問題ない家を建てるのが一般的になってきたように思います。

 海外の先進国では、新築住宅よりも中古住宅の方が、市場では高値で売買されている国もあります。 これは、古いものの風合いを楽しめることと、住みよく手を加えられたことによる快適性や安全性等の 価値が評価されているからです。

 長期優良住宅というものが登場し、今や100年保証は当たり前と言われる時代になりました。しかし、その仕様を満たしただけでは住み継ぐということには不十分だと感じます。 スクラップ&ビルドの建設手法を改め、エコ化・創エネ化が進む建設業界ですが、 もっと根本的に、住まいを見直し、長きに渡って住み継いで行けるような仕様の家を、まごころこめてコツコツと創って行きたいと思っています。


建築工事を請け負う工務店として


 小田製材所という社名からは製材のみを生業としているように思われがちですが、 当社では創立当初からの製材業はもちろん、近年の建築業態の変化に対応し、 木造住宅請負工事、鉄骨・コンクリート建築物の内装工事、構造躯体のプレカット、工業化された建具や衛生設備機器の販売までを手がけております。 旧家屋の木を活用した新築建替え工事や、庭の木を伐採するにあたって家具やオブジェに活用したいといった御要望もよくいただきます。

 加西市を中心に、工務店業を営んで長く、昔建てた家の息子さんやお孫さんからの依頼、知り合いの方々からの紹介で、 これといった営業活動をすることもなく仕事をさせていただけることには、本当に感謝するばかりであり、 信用を積み重ねたいという一心で頑張らせていただいております。 地域密着の信頼と実績をより堅固に、そして多くの方々の幸せを支える家を創り続けたいと思います。


製材業を行う材木屋として


 私達、小田製材所(近年の製材業者)では、一本の木をけっして粗末にするのではなく木を有効利用することを考えています。 杉皮にしても、昔は色々な所に使用されました。現在は、機械で剥きますが、それでも、それを必要とする業者を探してくる人もいます。

 建材業に関わるすべての業者(製材、割り箸、樽丸、山林家)は、木を心から愛しています。今、山は荒れています。緑があれば山は生きていると思ってはいけません。 「木を見てその土を見ず、森全体を見て木を見ず」と平井先生(微生物的環境技術研究所主幹)が言われました。 外見で判断するのではなくしっかりと中身を見ることが大切だと思います。

 木は、育てるのに親子三代かかると言われていますので、我々製材業者も決して粗末にはできないのです。 木は、人の心を和ます力を持っていると思います。でも自然の物なので割れたり、反ったりしますので、人工乾燥、天然乾燥させたりして割れや反りを少なくするために努力しています。

 家を建てる時は、ふんだんに良質の木材を使ってください。みなさんが思っているほど木製品は高価ではありません。 その際、私共「小田製材所」に御相談いただければ嬉しいです。

 自然環境の影響受けにくく環境の生態系を壊さない計画的な植林と伐採、 そして素材の質を最高に引き出すための物流から加工、利用に至るまでのすべての工程おいて、それぞれの専門家の気持ちがこめられた温かみある木造建築。

 これから、家を新築、改築、増築しようと考えている方は、是非、弊社に御相談ください。


木材・製材「豆知識」


■製材所って何する会社?

皆さん製材所を知っていますか?辞典を見てみると丸木から角材や板などを作る所となっています。 別な言い方をすれば、丸太から住宅用部材(柱、鴨居、等)を作っている所です。

日本には、家内工業クラスから大規模工場にいたるまで、 また内地材(日本産)から外材を扱っていることろまで沢山の製材工場が沢山あります。 具体的な業務内容を一覧にすると以下のようになります。

@原木市場で仕入れ
A工場に運び皮を剥く
B送材車なる機械で丸太を挽く
Cテーブルと呼ばれている所で竿縁や廻り縁等を作る
D作られた製品を寸法や節があるかないかを選別する
E選別された製品を色や杢目を揃えて結束します
F製品を需要のある市場、問屋、職人さんに配送します

■木材の値打ちはどうやって決めるの?

山で伐採された丸太(原木)は原木市場へ運ばれ、 市日にセリによって売買されます。市場では製材工場の買い手達が手や声で価格は示して買い進められていきます。 近年では外国産の木材も多く利用されているので、為替相場にも大きく影響されます。

■優れた丸太とはどんなものをいうのでしょう?

@まっすぐで、円形のように丸く、末口と元口の太さがあまり違わない(真円、通直)もの
A節が少ないもの
B樹齢が80年以上で年輪が細かく、揃っているもの
C色、つやがよいもの(建築して年数が経るほと、良い木材はこれがにじみ出てきます)


■製材品の価格はどうなっているの?

@樹種によって違います。一般的には、杉よりも桧の方が高いが、 杉の高齢樹林の赤身は、銘木としての値打ちがあります。
A寸法によって違います。長さ、幅、厚さが大きいほど、値段も高くなりますが、極端に違うことはありません。 うまく使えば割安になります。
B用途によっても違います。構造材、非構造材(化粧材)によって大きく違います。 構造材には節が多いけれど、断面の大きな物、化粧材は節が少ないけれども断面が小さいものを使い、 無駄をなくすようにします。

■やっぱり桧は高価?

桧材は、湿度の高い日本の気候風土にもっとも合っており、 耐久性があるので、昔から、社寺建築に使われてきました。 あの世界文化遺産として、千三百年もの歴史を誇る法隆寺は、ほとんど桧が使われています。 昔の日本人は、大陸の建築技術が渡来する前から、桧のよさ、強さ、使いやすさを知っていたようです。 粘り強い桧を選んで建物に使ったのは、天変地異の経験から教えられたのかも知れません。 世界最古の木造建築として、千三百年を生きぬいて、なお丈夫に建っている法隆寺の用材が桧であるということは、 桧が他のどんな材よりもすぐれているということになるのではないでしょうか。 桧の心材部は赤味を帯びて美しく辺材部はあくまでも白い、そして見た目はつややかで、香り高い。 これだけ良いこと尽くしの桧・・やはり他材より少し割高になってしまいます。 しかし、それに見合ったものであることも確かです。 私達はできる限りリーズナブルな価格で提供していきたいと思いますので、どんどんご利用ください(^o^)

■ 木材は強い!

桧材は、湿度の高い日本の気候風土にもっとも合っており、  「木材は鉄よりも強い」と言うとみなさんはびっくりするでしょう。 でも、本当です。同じ重さで比べると、木材は鉄やコンクリートより強いのです。 その強さは単純に鉄の4倍!コンクリートや大理石の240倍もの強さです! ですから同じ強さの家を造るなら、木造にすると家を軽く造れるので、地震でも壊れにくいのです。
「木材は火にも強い」と言うとみなさんはさらにびっくりするでしょう。 でも、本当です。確かに薄っぺらい木材は燃えやすいのですが、ある程度分厚い木材は、表面だけが灰になってなかなか中まで燃えません。 逆に鉄は、火災で熱せられると急激に強度を失ってぐにゃりと曲がってしまいます。 火災時の耐熱強度でも木材は鉄の役4倍の強度を誇ります! アメリカでは、小学校の建築に木造はOKだが、鉄骨造はダメとしている州もあるくらいです。  「木材の方が鉄より長持ち」というとみなさんは本当にびっくりするでしょう。 でも、本当です。みなさんは、木材は腐ったり、シロアリに食われたりしやすいと思っていませんか? このような被害は木材をジメジメした状態に長く置かなければ、ほとんど防げるのです。そして、このような被害にあわなければ、木材は本当に長持ちするのです。法隆寺などが良い例です。 逆にさびたクギや金物が木材の寿命を縮めるくらいです。

■ ネズミは正直!

桧材は、湿度の高い日本の気候風土にもっとも合っており、 静岡大学で、木製、鉄製、コンクリート製の箱でそれぞれ飼育されたネズミから産まれた子ネズミの観察実験をしました。 23日後の生存率は、木製の箱では85.1%でしたが、鉄製は41.0%、コンクリート製は6.9%とかなり劣っていました。 小さなネズミだから短期間でこのような結果が得られましたが、人間でも同じだと思いませんか? ネズミの生存率はいかに木材住宅が人間が住むのに適しているかを証明しているのです。 ちなみに、ネズミの住みつく家は「いい家」とも言われています。

■ 木材は除湿も加湿も自由自在!

「木材は、部屋の湿度が高すぎると湿気を吸収し、逆に低すぎると湿気を吐き出して、部屋の湿度を快適にしてくれます。 そして、そのきめ細やかな調節作用は、クーラーなどの家庭用機器よりはるかに優れています。 小児ぜんそくやアレルギーの原因になるダニは嫌ですよね。 木の床(フローリング)は、畳やカーペットに比べてダニの数が著しく低いのです。 木の床の2〜10倍くらいのダニが畳やカーペットには潜んでいます。 その数、多い時には1uあたり100匹以上! あまり想像したくはありませんね。。  木の床は、適度にやわらかいので、転んだときもケガをする危険が少ないのです。 また、床に関係する事故の約7割はすべりによるものですが、木材はすべりにくいので、事故の発生率が低く、体育館の床等に広く利用されています。 みなさんは、木材でできた天井や壁をながめて、なんとなく目がすっきりしたような経験がありませんか? なんと、木材は有害な紫外線(UV)をほとんど吸収してくれるため、とっても目にやさしいのです。 さらに言えば、肌荒れなどの人体への悪影響を防止してもくれるのです。

■   日本文化的建築の心

日本を代表する木造建築に、桂離宮という建物があります。 この建物は「数奇屋造り」と呼ばれ、世界的にも珍しい、大変すばらしい構造物です。 しかしながら、こんなにも立派な建物、さぞかし素晴らしい木を使って造ったと思いきや、よく調べてみるとどれも大した用材は使われていない。 それも当然でこれを造った桂宮様は、教養は素晴らしく高いものを持っておられましたが、お金持ちではありませんでした。 だからむしろ粗末と思われるような木で、あのような素晴らしい建物を造ったわけですが、そこに本当の意義−日本文化が息づいていることも確かなのです。

■   伝えられるべき日本の木造建築

考えてみると、あれほど外来文化が流入しても、日本の木造家屋は基本的に外国の模倣はしなかった。柱ひとつとっても中国のようには塗らず、西洋のようには装飾せず、その簡素な木の柱は、最もよく日本の伝統的な文化を伝えているもののひとつと言えましょう。

■   日本家屋の構造の特色

日本家屋のつくりは、壁で構成される石造りや煉瓦建築とは対象的です。基本構造は柱と梁および屋根であり、その木組の間の空間に天井や高床を張り、壁や障子や雨戸を配する。それは、かの吉田兼好が『徒然草』の中で「家のつくりやうは夏をむねとすべし。」と言っているように、蒸し暑い夏が過ごしやすいよう、風が通り、日ざしを和らげる工夫がなされています。また、自然とのつながりを大切に考えているのも特色で、家庭と庭をつなぐ澪縁があり、自然光の陰翳をつくり出す庇やすだれや障子が存在します。

■   日本家屋の内装の特色

ここで少し、家庭の内部に目を転じてみましょう。例えば、色ひとつとってもベージュ色を基調とした木、壁紙といった素材のなだらかな色彩のコントラストで構成され、とても精神を落ち着かせる空間を想像することができます。「もし日本座敷を一つの墨絵に喩えるなら、障子は墨色の最も淡い部分であり、床の間は最も濃い部分である」とは、谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」の一節。鮮明な色を排除した中に、柔らかな光を通して濃い影、淡い影がゆらめく室内は、日本人の美意識の高さの証明でもあります。そして−それは、すべて木を中心とする自然素材のなせる技にほかなりません。

■   身近に感じたい・・木の住まい

 では現代の私達の生活と結び付けると、例えば、“目に触れる、肌に触れるところに木を使う”だけでも、その良さを感じることができるはずです。自然の素材の美しさを生かして住まいに取り入れること。−それが日本の風土に合った、日本人の心に添ったやり方であり、木は今の私たちの暮らしに、もっともっと身近であっていい、と考えるのです。

■   近代建築とシックハウス症候群

シックハウス症候群とは住宅の汚染物質が原因となり人体に様々な影響がでる症状のことです。シックハウス症候群により発生する症状はひとにより異なりますが気分が悪くなったり、じんましんやアトピーの様な症状を訴える人が多く、これらの人は病院では化学物質過敏症と診断されています。化学物質過敏症とは長期間特定の化学物質のある環境の中で生活した場合に、体が化学物質(香水、芳香剤、殺虫剤、など)に過剰反応するようになり、軽度では湿疹が出る程度で治まるが、重傷になれば呼吸困難や痙攣状態に陥り命を落とすことさえあります。 住宅の建材の中で人体に悪影響を及ぼす代表的な化学物質はホルムアルデヒドというもので板と板を接着剤で重ね合わせた合板などに多く含まれています。現在の住宅は地震に強い・お年寄りや障害者に優しいバリアフリ−住宅・あるいは住宅建材等に使用される接着剤に含まれる化学物質によるアレルギ−症状(シックハウス症候群)等に対応した住宅が求められています。  弊社は、これらの皆様のご要望にこたえる十分な建築を行っておりますが、まだまだ対応しきれていない企業が多い(シックハウス症候群が多発する&名ばかりのバリアフリー)ような気がします。このような問題点を改善することはもちろん、日本文化の心を受け継ぐ、温かみある木造住宅を、最適な質と価格で提供してゆくことが、これからの私達、建築産業に従事していく者の使命であると思っております。