愛着の湧く心やすらぐ家づくり

小田製材所の家づくり その1

愛着のもてる家

まずはお施主様との共同作業としての家造り。
そしてお引き渡しが完成形ではなく、
そこで暮らす方の匂いがついて
愛着の湧く家になっていく。

全ての過程を共に楽しむことが
小田製材所のいえづくりです。

小田製材所の家づくり 愛着のもてる家
小田製材所 施工例01
小田製材所 施工例02
小田製材所 施工例03

小田製材所の家づくり その2

安心して暮らせる家

建建築基準法の定める強度の1.5倍の性能である耐震等級3。
それでも震度7の地震には一回しか耐えられません。

永続する安心をお届けできる
小田製材所の技術をご紹介いたします。

小田製材所の家づくり 安心して暮らせる家

プレウォール工法

高耐震

耐震等級3の20倍
(実証実験済み)。
繰り返す大地震にも
耐えぬく安心の構造体。

高断熱

最高レベルの断熱材
フェノールフォームを工場加工。
魔法瓶のように家全体を
包み込みます。

高耐久

万全の湿気・結露対策
壁体内を常に乾燥させ
家を長持ちさせます。


小田製材所の家づくり その3

人にも環境にも優しい家

住む人の健康を第一に考え、
断熱など諸所の性能はもちろんのこと、
できる限り自然素材を採用したい。

厳選された素材は、永く飽きのこない家となります。

有限会社 小田製材所 人にも環境にも優しい家

C(隙間相当面積)

C値 家中の隙間の合計面積(cm²) 建物の延床面積(m²) 室内へ 侵入する 外気 すきまから 逃げる内気

「どれくらい気密性能が高い家なのか」がわかる数値です。つまり、家にどれくらいの隙間があるのかということです。

気密性能は、延床面積あたりの隙間面積の割合です。値が小さいほど気密性能が優れています。

これは良い材料を使えば確保されるというものではありません。腕の良い職人の正確な施工が必須です。施工が雑だと機密性能は得られません。

機密性能がが低い家は、外気の影響を受けやすく、断熱性能の効果が薄れ、冷暖房が効かなくなる等、様々な問題が発生します。

UA(外皮平均熱貫流率)

UA値 建物から逃げる熱量(W/K) 外皮表面積(m²)

「どれくらい熱量が家の外に逃げやすいか」を表す数値です。

建物の「外壁」や「屋根(天井」「床」などの各部位から逃げる熱量(熱損失量)を外皮面積(外壁・屋根(天井)・床の面積の合計)で割ったものです。

熱損失量が多いほどUA値が大きなるため、数値が小さいほど「断熱性能」や「省エネ性能」が高いと言えます。

自然素材

自然素材

無垢材、漆喰、珪藻土、H O N K A

小田製材所は、現代のビニールや化学物質を使った接着剤を使用した住宅ではなく、天然素材で暖かみのある安全で安心できる家をご提案いたします。

現地をおとずれ調査し、生産者の取組や人柄に触れ、自信をもってお勧めできる厳選された天然素材をご提供します。

人は人生の80%の時間を室内で過ごします。厳選された自然素材に囲まれた美味しい空気の気持ちのいい住まいで暮らしませんか?

C値、UA値は、次世代省エネルギー基準により定められています。

兵庫の基準小田製材所の家
C値(㎠/㎡)0.7
UA値(W/㎡K)0.870.77

※仕様により数値は異なります。
※2019施工、Y様邸定実測値。