2間x10間の家

K様邸

「外観」
南側にはご両親の母屋があり北側玄関となっており、左側の格子扉を開けるとピロティが広がる。


「ピロティ」
15㎡のピロティは左奥の母屋中庭へとつづき、通り抜ける風が心地よい。雨の日も大助かりなんだとか。


「玄関内部」
母屋取合いの10間廊下。建物狭隘部とは思えない明るさが確保されており北側配置を感じさせない。
夜には跳ね出し天井からの間接照明が旅館のような雰囲気を醸し出しお気に入りなんだそう。


「周回動線」
廊下→洗面室→物干し→WIC→廊下と、通り抜けれるように計画。


「階段室」
杉板が光の反射を和らげ落ち着きをもたせつつも、階段勾配なりに貼ることでアクセントにもなっている。


「LDK」
両サイドに袖壁を残すことでダイニングキッチンとリビングに空間的なメリハリをつけている。右側には3枚吊り戸が収納されており完全に間仕切ることも可能。


「街並みを眺める」
キッチンに開放感をもたせるためサッシ2カ所+テラスを計画。シンク前に立つことがご家族の楽しみの一つになっている。


「遊び心のある演出」
トイレにもちょっとしたアイデアを。


HOUSE DATA
改修面積:178.22㎡
家族構成:ご夫婦+子ども1人

前の記事

祖母の家のような古民家風住宅

次の記事

モルタルの家